ab0141’s blog

肺がんステージⅣを乗り越え『人生を謳歌する』サバイバー日記です

肺がん疑い①

【2020年7月末】

私はいつものように勤務先で仕事をしていた。この日は

長く続いた梅雨が私の住んでいる関東地方でもようやく

明けた日、まさに晴天夏本番を迎えた1日でした。

 

この日は朝から私は体調の異変に気付いていた。

そう久しぶりにあいつがやってきたのだ!あいつの

正体は尿管結石!10年以上も私を苦痛の世界へ

いざなう天敵である。

昼には痛みは激しくなり、私は仕事の途中であった

が病院へ行くことにした。

 

一旦家に戻ると妻がいたので、一緒に行って

ほしいと頼み二人で病院に向かった。

病院は自宅近くの総合病院であったが

運悪く泌尿器科は午前中で診察が終了していたため、

救急の先生が診てくれることになった。

先生は専門ではないため、エコーでは石が見つから

なかったため、『Kさん。CTを撮りましょう』と私に言った。

私は早く仕事に戻りたいと思ったが渋々了承した。

この検査が後々大きな意味を持つことになった。

 

次回 『肺がん疑い②』に続きます